草木で焚き火を

秋に刈り払いしたまま、敷地内に転がしてあった草木を燃やして処分するということを始めた。大量にあるので一度に終わらせることはせずに夏までにはと焚き火を楽しみながらノンビリやるつもり。