草木で焚き火を

秋に刈り払いしたまま、敷地内に転がしてあった草木を燃やして処分するということを始めた。大量にあるので一度に終わらせることはせずに夏までにはと焚き火を楽しみながらノンビリやるつもり。

投稿者:

藤原 善幸

カメラマンとして雑誌、広告撮影を30年あまり。 最近は横浜の自宅よりも、生まれ故郷でもある岩手でドローン撮影をしたり、カブで走り回ったりと田舎生活を楽しんでいる。