オイル缶でウッドストーブを


カブツーリングや釣りに出かけた先でお湯を沸かしたり、調理をするのに使えるコンパクトなウッドストーブをダイソーのオイル缶で作ってみた。


とりあえず、お湯が沸くけど、ゴトクの形状や持ち運びしやすくなるような工夫が必要みたい。


去年買っておいたリーマーが役に立った。


バリ取り用のヤスリも。


内側に入れた缶はダイソーの灰皿を加工したもの。見えない部分だからバリ取りは要らないけど、もう少し穴を広げたほうが2次燃焼しやすいかも。

投稿者:

藤原 善幸

カメラマンとして雑誌、広告撮影を30年あまり。 最近は横浜の自宅よりも、生まれ故郷でもある岩手でドローン撮影をしたり、カブで走り回ったりと田舎生活を楽しんでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。