タラの芽&コゴミの天ぷら蕎麦

隠れているけど、庭で採れたアサツキも薬味として入れてある。


まだ芽が出たばかりだけど、これぐらいのほうがエグ味が無くて初心者には良いらしいので収穫。


とりあえず、先日の2個と合わせて8個を。


水洗いした後に外側のかたい袴を取り去ったところ。


塩水で軽く茹でる。

若い芽はエグ味が少ないのでサッとで良いみたい。

コゴミも同様に水洗いと茹でをする。
コゴミは茹でなくても良いらしいが、茹でると茎が柔らかくなるので良いかと。


そして、冷水で冷やし、そのまましばらく放置してエグ味を取る。


キッチンタオルなどで水気を拭き取ってから天ぷら粉をまぶして揚げる。

タラの芽もコゴミも美味しい。

コゴミの茎はアスパラガスのような感じの美味しさ。

サッと茹でてマヨネーズで食べても美味しいかも。

投稿者:

藤原 善幸

カメラマンとして雑誌、広告撮影を30年あまり。 最近は横浜の自宅よりも、生まれ故郷でもある岩手でドローン撮影をしたり、カブで走り回ったりと田舎生活を楽しんでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。