水汲みに行き、ミズも採取

湧き水を汲みに行く所には、地面いっぱいにミズが発生している。

とりあえず、一人で食べる量だけということで16本を持ち帰り。面倒だけど、葉を摘んで茎の皮を剥くことが必要。茹でてから剥いたほうが剥きやすいのかも。

醤油漬けといいながら、麺つゆとタカノツメで漬け込みます。麺つゆが少なめなのはミズ自体からも水分が出てしまい、いっぱいになるから。

葉ワサビの醤油漬け作り


岩手の実家2(無人)の裏庭で採れた葉ワサビの醤油漬けにネット情報を参考に挑戦。

まずは、よく水洗いし、葉と茎を手で細かく千切る。包丁で切るよりも手で千切るほうが辛味が出やすいとか。


次は塩もみ。

色がついた水分が出尽くし、茎が柔らかくなるくらいまで塩もみをする。

そして、お湯に10秒ほど浸してからザルに入れて水で冷やし、醤油と日本酒、麺つゆで味を整えたものが入った容器に詰める。


という感じで仕込んでみたんだけど、今のところ全くワサビ臭がしない。

漬け込まれていくと鼻にツーンとくるような辛味が出るらしいけど、、、。

行者ニンニクの醤油漬けが美味い


毎日、行者ニンニクを楽しんでいるこの頃だけど、定番の醤油漬けも食べてますよ。

毎回翌日には食べ切ってしまうので、今回は多めの葉で漬け込んでみることに。

別に何個か作らないと浅漬けばかり食べることになりそうだけど。

行者ニンニクの醤油漬け

庭で採れた行者ニンニクの葉の醤油漬けを作ってみた。

醤油と日本酒を1:1、あとはニンニクペーストを入れたもの。

行者ニンニク自体の香りも味もあるのだからニンニクペーストは余計だったかもだけど、とりあえず美味しいからいいか。